沿革

1960年先代、山下博光により養蚕業から果樹園に切り替え、桃・ぶどう栽培を開始
1984年ぶどうの栽培を止め、桃の単一経営に切り替え
1987年ハウス桃の栽培・施設課を開始
1989年宅配事業を開始
1990年ハウス桃、全5棟(45a)完成
1991年ぶどうの栽培を再開
1997年作業場および事務所を新設
2001年称号を有限会社ピーチ専科ヤマシタに変更し法人化
2002年あんぽ柿の加工を開始
2003年アグリネット21(新規支援活動)開始
エコファーマー取得
ぶどうジュース商品化
2004年台湾にてタイペイ食品見本市「フード台北2004」出展
2006年第一回社債(フルーツ債)発行「農業」で全国2位に選出
あんぽ柿の自動皮むき機を導入
2007年農林大臣賞受賞
桃の木オーナー制を開始
生産者グループ 山梨くだもの畑設立
2008年黄金桃ジュースの販売を開始
2009年桃の家カフェ ラ・ペスカの運営を開始

電話をかける